課題で書いたもの②

前回のやつと同じく、授業で書いたものです。テーマは「三題噺」。 三題噺(さんだいばなし)とは - コトバンク 授業で出された三題は「アイドル」「核実験」「晴耕雨読」字数は800字程度。

課題で書いたもの①

「キャリア国語」というイカニモな授業を履修していまして、まあ文字通り就職試験で出るような作文を延々と書く授業なんです。テーマがテーマなだけに自分の身を削る勢いでゴリゴリ書いてしまいましたので、載せます。 テーマは「わたしの宝物」。400字程度…

言ってみりゃボディー・ブロー

学生作品展が終わりました。お疲れ様でした。写真はありません。自分の中で未だにしっくりきていないからです。 わたしの中で何も終わってなくて、始まってすらないような気がして、どうしてそうなってしまったのかがわからず、ずっと苦い顔をしている。先生…

先生のこと

バイト先に先生が来た。最初じっと私の顔を見るヤバい客が来たと思って身構えていたら、先生だった。私服なんて全然見たことがないし、髪型変わってたし、分からんわ! と思いつつ、「覚えてないん」の声は昔の先生そのままだったので、私は一瞬で田舎の高校…

上司の話

閉店時刻が迫った店の事務所で、わたしはFAXを送りまくっていた。いろんなジャンルのたくさんのFAXはひとつひとつが注文書。今度新聞広告が打たれる本、TVで紹介された本、いろんな本の注文書に番線印をばむばむと押して送っていく。発注数は上司が決める。…

北大路

北大路に行った。少し前に寝ぼけて置いてけぼりにしてしまっていた傘が、北大路の落し物センターに行きついていたのだ。北大路という街は、バスの行き先としては聞いたことがあったけれど行ったことのない街だった。ビブレがある。バイト先の支店がある。バ…